睡眠障害の悩みを解決






[PR]



2009年04月20日(Mon)
睡眠障害の悩みを解決
睡眠障害は当事者にとってはとても辛いものです。
睡眠障害はイコール不眠症という訳ではなく、4つに分類されています。
睡眠異常(不眠症など)、睡眠時随伴症(夜驚症や夜尿症など)、内科・精神科的睡眠障害(うつ病などで起きる)、その他の睡眠障害です。

精神面だけでなく身体面や鼓動面にその影響は出てきます。

身体面の影響として不眠による体力の低下があげられます。
精神面では不安、無気力、片頭痛、食欲低下といった事が起こります。
行動的な影響に上げられるのは、注意力や判断力が低下し、失敗をしやすくなることです。
睡眠障害の治療としては睡眠薬が思い浮かびますが、医師の処方箋が必要です。
睡眠薬は、1960年代以降副作用の少ない安全なものが開発されているので、医師の指導を受けて服用すれば心配はありません。
不眠症などの睡眠障害で悩んでいるなら、まずは医師の診断を受けることをおすすめします。


   





カレンダ
2009年4月
     
20
   

アーカイブ
2007年 (9)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (2)
11月 (1)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2009年 (16)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (2)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:0
累計:18,485