健康と美容情報 - 2008/01/08

健康と美容に関する情報日記です




[PR]



2008年01月08日(Tue)▲ページの先頭へ
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸という成分は、ご存知ですか?かつては医薬品開発のために研究されましたが、最近ではアンチエイジング化粧品にも良く入っています。いったいどんなものなのでしょう?
教科書的な言い方をするとですね、ヒアルロン酸は私たちの結合組織中に多く含まれる生体高分子の一種、ということになるのです。
非科学的に言うと(笑)、ヒアルロン酸は身体の中のあちこちで活躍している糖質です。多く含まれる場所もわかっています。
いろんな脊椎動物の身体の部位でヒアルロン酸がたくさん含まれているのはたとえば鶏のとさか、人間の皮膚、関節液、眼球の硝子体と呼ばれる成分の中などです。弾性高そうな場所ですね。
ヒアルロン酸はそれを大量に含む場所で、研究材料として適した牛の目の硝子体から1934年にアメリカのコロンビア大学で抽出されました。
最初の発見が牛の眼球の硝子体からだったために、そのままこの物質の名前になりました。ギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)からの造語です。
アンチエイジングの化粧品の成分表を見ると、最近ではヒアルロン酸がことごとく含まれています。健康食品、医薬部外品の添加物としても良く含まれています。
アンチエイジングにどうしてヒアルロン酸が良いのかというと、みずみずしい赤ちゃんの素肌に多量に含まれて、年とともに皮膚からどんどん減っていく成分がまさしくヒアルロン酸だからです。
そういう理由でヒアルロン酸は皮膚の保湿や弾力性を補う化粧品の成分としてもてはやされているわけです。
化粧品でのアンチエイジングばかりが目立つヒアルロン酸ですが、実はそれ以外の分野でも、特に医療応用で大変役に立っているのです。
ヒアルロン酸という成分の弾性と保湿力、さらに身体にフィットする生体高分子であると言う特性を利用して、幅広く使われているのは癒着防止剤や創傷治癒剤です。また、関節液の改善や、眼科手術の補助剤としても有名です。
さて、医療応用で最も人気が高い分野は、実は美容整形です。やはりアンチエイジングのヒアルロン酸皮下注入ですね。塗るより注入した方が早い。ごもっともです。
トゥルーセラミックプロ
ヘルス ビューティー
アルビオン化粧品
ロクシタン
協和のフラコラ500


   





カレンダ
2008年1月
   
8
   

アーカイブ
2007年 (9)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (2)
11月 (1)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2009年 (16)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (2)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:18,586