健康と美容情報 - 2009/06/21

健康と美容に関する情報日記です




[PR]



2009年06月21日(Sun)▲ページの先頭へ
パニック障害とは
パニック障害をご存知でしょうか。パニック障害とは精神疾患の一つで強い不安感を主な症状とします。パニックディスーダーという呼ばれ方もあります。パニック障害がパニック発作であるというのではなく、このパニック発作がまた起こるのではないかという恐怖感が、日常生活にまで影響を及ぼしてしまう事をパニック障害というのです。

どういった原因でパニック障害になるのかは、すべて解明されてはいないようです。心理的なものとしては強いストレスが誘引となります。また、ひどい疲れが続いたり、煙草の吸いすぎなどの物質的な誘引もあるといわれています。気の弱い人がパニック障害になりやすいというイメージもありますが、そういったことはないようです。

パニック障害で典型的なケースは突然襲うパニック発作ですが、これは突然めまいや動悸、呼吸困難が襲ってその場から動けなくなってしまいます。その後起こるのが予期不安と呼ばれるもので、いつ起きるかわからないパニック発作に不安感を持つようになります。そしてそれが慢性化すると、発作から回避できない場所を避けるようになります。これが広場恐怖です。

パニック発作が続き、予期不安も1ヶ月以上続くようならパニック障害の疑いが強くなります。治療が必要でしょう。まず、治療法の一つが薬によるものです。有効な薬はいくつかあります。もう一つ方法として精神療法がありますが、有効性があるとされる治療法が認知行動療法です。

【PR】パニック障害 治療法


   





カレンダ
2009年6月
 
21
       

アーカイブ
2007年 (9)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (2)
11月 (1)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2009年 (16)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (2)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:0
累計:18,485